เนื้อเพลง velonica – aqua timez

เพลง : velonica

ศิลปิน : aqua timez

เนื้อเพลง :

作詞:太志

作曲:Aqua Timez

挫折まみれ 流行にまぎれ 幸せな振りをして歌う

もっと走れと言い聞かして 無謀にも そっと風上へ

来た道を一瞥 ゆとりは御免 四面楚歌 参戦に次ぐ one game

「山あり谷あり崖あり」 塵は積もってく

果てしない旅の途中で 街のはずれに立ち寄る

疲れた両足をそっと投げ出して 寝転ぶと 繰り返される浅い眠り

何度も同じあの横顔 何度も同じあの言葉を…

「生きてるだけで悲しいと思うのは私だけなの?」と

タバコの煙が宙をうねり 虚ろに消える

きっとまだ力なき幼い日に

見なくていい悲しみを 見てきた君は今

こらえなくていい涙を こらえて過ごしてる

ほんとのことだけで 生きてゆけるほど

僕らは強くないさ 強くなくていい

いい?

持ち上げた瞼 世界は春だ 桜色の風をかきわけて

遥か彼方へ向かう途中 この菜の花畑に君はいたのかな

この空に鳥の白いはばたきを 僕が探す間きっと

君は大地に耳を澄まし 蟻の黒い足音を探したんだろうな

ピエロのような仮面を剥いで 太陽に忘れられた丘に立ち

月の光を浴びて 深く息を吸う

皿の割れる音も 怒鳴り声もない世界

温もりがなくたって 生きてはゆけるさ

だけど僕ら生きてるだけじゃ足りなくて

芽吹く大地や 分厚い幹や 消え去る虹や 過ぎ去る日々や

夜空のスピカ 四季の不思議が 教えてくれた 真実を探し続ける僕らに

どこまで旅をしても 命の始まりは

生きて愛されたいと泣いた 一人の赤子

ここではないどこかを 目指す理由とは

心ではないどこかに 答えはないと知るため

Be the first to like.
loading...