เนื้อเพลง 5 centi – WAT

เพลง : 5 centi

ศิลปิน : WAT

เนื้อเพลง :

Lyric added by: xaosmx

午前三時君からの電話

こんな遅い時間どうしたの?

「声聞きたくなっただけ」

一言呟いてオヤスミ

友達と食事してる時も

帰り道地下鉄の中でも

五分おきに君からの

エンドレスなメール届いて

二人会えない時だって

僕は君を想ってるのに

「5センチだって離れていたくない…」

そう願う君が切なくて

恋も仕事も友情もすべて

現実にこなせる自信はまだないけど

僕たちが向かう明日はきっと

一つだと信じて

僕の想いは君から1ミリも離れてないよ

だから分かってほしい

心に積もった5センチの不安さえ

暖めてとかしてあげるよ

出会ったばかりの頃の君は

気が強くて弱さ見せなくて

いつも頑なに心

閉ざしているように見えたけど

僕の前で見せるあの笑顔

寂しげに俯いた横顔

初めて見る表情に

特別な何かを感じた

君が思うよりも僕は

君を必要としていて

右肩上がりに高まる気持ち

どう君に伝えたらいいの?

予想出来ない天気図みたいな君の感情に

ドキドキさせられるけど

僕たちが見上げる空はいつも

一つだと信じて

君のわがままや束縛 涙さえも愛しくて

すべて抱きしめたいよ

真っ白に重ねた5センチの願い

叶えるように 約束するよ

恋も仕事も友情もすべて

現実にこなせる自信はまだないけど

僕たちが向かう明日はきっと

一つだと信じて

僕の想いは君から1ミリも離れてないよ

だから分かってほしい

心に積もった5センチの不安さえ

暖めてとかしてあげるよ

僕たちの気持ちが5センチ以上

離れませんように…

Be the first to like.
loading...
LINE it!